うちの叔父は10年前に49才の若さでこの世を去りました。

死因は急性心不全でした。

叔父は、精密機器メーカーの営業マンでした。昼夜問わず働く性分で、結婚もしていなかった。

食事は外食中心。昼間は、丼ものかコンビニめし。とにかく速く食べることが重要だったみたいです。

夜も残業時はコンビニめし、接待の時は日付を回るころまで大量に飲んでいました。

40歳を過ぎたころから毎年健康診断で「要精密検査」を指摘されていたそうですが、仕事が多忙というう理由で病院には行っていなかったとのことでした。

また、ダルさを感じることが多くなったと言っていたが、栄養ドリンクを飲んで、しのいでいたらしいです。

就職してからはずっと一人暮らしで、親にもたまに電話をするくらいで、連絡をとることはほとんどしていなかったらしい。

親のほうも、「便りがないことがよい便り」と考える人であった。

49才のある日、突然叔父に不幸が襲いました。

休日であった日曜日の朝、玄関で倒れてしまったのだそうです。

心臓に血栓がつまったらしいのでした。

しかし、会社は休みであったし、一人暮らしであったため、その日には誰にも気がつかれなかったのだそうです。

翌日の午後、会社の同僚が叔父宅を訪れ、叔父は発見されたそうです。

無断で会社を休んだ叔父を心配しての来訪の末だったそうです。

やはり、短命に終わったのは日々の不摂生に他ならないと思うのだが、そういう生活にならないために、他の人からの忠告があれば・・・と考えてしまいます。

もし、結婚していたら・・・。叔父の食事を健康的なものにもできただろうし、万が一倒れても、すぐに病院へ連れて行き、命を落とすまでにはならなかったのかもしれないと思います。

そんな叔父の教訓から私は今、長生きするために健康食品を摂るようにしています。

特に気に入って飲んでいるのが長生きサプリです。

このサプリはアディポネクチンというホルモンを増やしてくれるサプリメントです。

長生きしている人にはこのアディポネクチンという長生きホルモンを通常の人よりも沢山持っていると言われているそうです。

私もこれから老いていくのは間違いないですがこの長生きサプリを飲んで長生きしたいと思っています。